【要チェック】ブリアンに副作用はない?成分はなんとたった5つ!

お子さんのお口に入ったり、肌に触れるもの毎日気になってしまうもの。特に月齢が低く第一子となるとなおさらじゃないですか?

ブリアンが選ばれる理由の一つに市販の子供歯磨き粉のような化学物質が含まれていないので、誤飲しても健康面で危険性が少ないということもありませんか?

 

ありません
  • ブリアンには1件も副作用の報告はないそうです。※販売元に確認済み
  •  特定アレルゲン27品目も含まれていません。

 

 

我が子はアレルギー持ちということは理解できていましたが、種類まで把握できておらずなにげに食べたお菓子がキッカケで考えたくもない最悪の経験をしました。一度経験をすると耐性だけでなく、用意周到になりすべての危険を察知できるようになるもの。

使うもの、食べるもの初めに必ず全部目を通すようになりました。

病気でも同じで熱痙攣をおこしたときの、頭真っ白でただただ子供の様子に青ざめることしかできない。

経験値が溜まれば、即対応できるものなんです。

 

ブリアンは市販の子供歯磨き粉とは成分面も異なっているので、本当に副作用とかない?大丈夫と?勘ぐってしまう方もいると思います。私も同じでしたし。

はじめに否定しますが、市販の子供歯磨き粉危ないわけじゃありません。100人いれば100通り。子供に合ったものを選ぶ親の務めであること、気持ちの問題です。

ブリアンの副作用について私が安心して使えるよう調べた内容をシェアします。

ブリアンは副作用の心配ある?成分チェック!

成分特徴と副作用について

 

飲み込んでも安全な100%食品成分と15のフリーが実現されています。

  • デキストリン(甘薯)
  • フルクトオリゴ糖(さとうきび)
  • エリスリトール(トウモロコシ)
  • 乳酸菌(ブリスM18)
  • 香料(甘薯)

 

POINT
※いちごは天然香料。食品さつまいも由来です。合成香料ではないので、身体の心配はありません。

 

15種が入っていません
殺菌剤、界面活性剤、発泡剤、研磨剤、合成着色、刺激、保存料、パラベン、グリセリン、ポリエチレングリコール、ラウリル硫酸ナトリウム、添加物、フッ化ナトリウム、酸化防止剤、シリコン

 

15のフリーを実現した数少ない子供歯磨き粉。子供に控えたい化学成分やフッ素が含まれておらず、安全面や健康面も配慮されている無添加歯みがき粉といっていいですね。ブリアンは国内生産で安全な歯磨き粉といって問題ありません!

 

副作用の報告もないそうです。  

 

乳歯から使える子供用歯磨き粉には、低発泡といいながらラウリル硫酸ナトリウムやPGなど含まれている歯磨き粉もありました。安全面を考えるならブリアンを選ぶ選択肢は十分ありかなって。

 

お口から体全体を健康を目指したのがブリアンという歯磨き粉なんですね。その場しのぎの歯磨き粉ではなく、本当に子供やお口、病気を考えて開発された歯磨き粉なのではないでしょうか。

 

0歳から使えるブリアンは、まさにピッタリと言えるかもしれませんね

 

赤ちゃんが飲み込んでも安心
赤ちゃんは歯磨きしたら、歯磨き粉を吐き出すところか、唾液と一緒に飲みこむのがほとんどですよね(;´・ω・)

 

市販の子供用歯磨き粉を飲み込んでしまって心配なパパ、ママにも安心!外出した時やお泊りの時は、ブリアン歯磨き粉をそのままお口にいれてもいいそうです!

 

まとめ

ブリアンに副作用の報告は1件もありません。ただし食物原料が主体となっているので、食物アレルギーがある場合は気を付ける必要がありました。

 

ブリアンの主原料

  • 甘薯
  • さとうきび
  • トウモロコシ
  • 乳酸菌(ブリスM18)

 

特定アレルゲンに指定されている特定原材料27品目も入っていません。

 

ただしブリアンもどんなお子さんも気に入るとは限りません。割合では好きになる子供が多いですが。

もしも利用される際は返金保証をおすすめします。万が一使ってくれなくても返送料のみで利用できるので。

 

 

次は実際にアレルギー持ちの我が子のブリアンを使った体験談も合わせて読んでみませんか。

 

子供用歯磨き粉ブリアン効果口コミ 非公開: 子供用歯磨き粉ブリアン効果&口コミ暴露!嘘だ!と怪しむ前に試して。

 

お急ぎの方は下記のリンクからブリアンについてお読みください。

食品素材100%と15のフリーを確認してください