子供がフッ素を嫌がるので何が嫌なのかいろいろ原因を探した結果

子供 フッ素 嫌がる

子供にフッ素を定期的に塗るのが虫歯予防にもなるっていうのが常識。 [chat face=”bripedia-icon0008.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]私はどちらかというと、歯を丈夫できる手段で簡単にケアできて効果的だからという理由でフッ素使いたいです。[/chat] 歯質を強化は正義!ベニヤ1枚よりも3枚、4枚、鉄板の方が強いに決まってるし。例えのセンス悪いけど [chat face=”bripedia-icon0002.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]でもね、うちの子供フッ素を嫌がるんです。[/chat] 歯医者行けばフッ素嫌でもすんごく頑張って塗るんだけど、気持ち悪そうな顔してすぐペッとしちゃったり、嘔吐しそうになったり。 それもあってか、自宅でフッ素入りの歯磨き粉を超絶嫌がります。 100%歯磨き粉を使わなければならない!ことでもないんで、丁寧に磨くことはしてますが、やっぱメリットがあるし使いたいというのが本音で何かかしらケアしたい。 今回はフッ素を子供が嫌がるのか2つ理由が分かったので子供がフッ素を嫌がる理由についてまとめました。 もしも同じくフッ素を嫌がるときは参考にしてもらえると嬉しいです。

子供がフッ素を嫌がる理由とは?探り入れてみた結果

子供 フッ素 嫌がる 子供がフッ素を嫌がる理由は子供でそれぞれ異なると思いますが、うちの場合はフッ素の嫌う2つの理由がわかりました。
  1. フッ素の味
  2. フッ素配合歯磨き粉のスースー感(フッ素自体じゃなかった)
この2つでした。 実はもう一点あるのが、歯磨き粉の味も嫌がる理由の一つなんでしたけど。 さてフッ素とは違うのでここでは外しますが、使っていたのフッ素歯磨きジェルコチラ チェックアップジェルバナナがキッカケでフッ素を嫌がるようになりました。 フッ素配合歯磨き粉といえば、チェックアップジェルは定番のラインじゃないですか?販売しているライオンのサイトでも1歳から使えるのでド定番歯磨き粉! フッ素入りの歯磨き粉の中でも群を抜いて値段が安くてお財布に優しいのもありますよね。 口コミ見ても気に入って使ってくれるという子供用歯磨き粉でもあるのですが、本当かね?まさかのライオンさんやっちまってる? フッ素濃度は500ppmのフッ化ナトリウムが配合されています。 フッ素を嫌がる理由に戻すと、その一つが味。

嫌がる理由1.フッ素の味

フッ素ってほんのり甘い味するじゃなったかな?って思ったんです。 フッ素は高濃度のタイプは歯医者で塗布してもらうものですが、子供が嫌がらないように香料が加えられている商品を使うはずです。りんご味とか。 大人が塗布してもらうと、えぐみというかが残りますよね。苦みとも違うフッ素だな~っていうのが。 子供がフッ素を嫌がるときは、「えぐみ的」なものを感じるのかもしれません。 敏感な子供には些細な違いも、違和感や苦みになるみたいです。 うちの子は神舌もってるのかなwww

フッ素嫌う理由2.スースーする

フッ素自体はスースーしないと思うのですが、フッ素の感じ方でしょうか。 フッ素入り歯磨き粉でもスースーしない!という口コミあるのでフッ化ナトリウムがスースーするわけじゃないっぽいですね。 あらためて、「チェックアップジェルバナナ」の成分を見直してみると答えがわかりました。

チェックアップジェルバナナの成分をチェックしてみたら

チェックアップジェルバナナ ライオンメーカーページを見ると生後6か月から利用できるとなっていますが、成分を見る限りうがいは必要かなって感じます。 6か月から使えるチェックアップジェルの成分をあらためて確認してみると下記のとおり。 [jin-fusen1-even text=”チェックアップジェルバナナの成分”]
湿潤剤…ソルビット液、PG(プロピレングリコール) 香味剤…香料(バナナタイプ)、キシリトール 粘度調整剤…ポリアクリル酸ナトリウム、アルギン酸ナトリウム 粘結剤…キサンタンガム、カラギーナン pH調整剤…クエン酸ナトリウム、クエン酸 発泡剤…ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液 薬用成分…フッ化ナトリウム(フッ素) コーティング剤…ヒドロキシエチルセルロースジメチルジアリルアンモニウムクロリド 保存剤…塩化セチルピリジニウム
チェックアップジェルバナナは無発泡って書いてなかった?発泡剤はいっているみたい。えっ、どういうこと?

フッ化ナトリウムの副作用は大丈夫?

フッ素中毒症のレベルは、チェックアップジェルバナナを丸々1本飲み込む必要性があります。フッ素中毒の症状は見られないと歯医者の先生も言っているので不安は少ないかなって思います。 だからフッ素中毒の心配はしなくてもいいですね。 [chat face=”bripedia-icon0008.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]この辺りも一般的な判断であって、自身の子供がどうかは別で判断すべきだと思っています。うちの子は少量飲み込んでも嘔吐したりすることもあったので。[/chat] どちらかというと、うがいができない子供に利用したくないなって思いました。

スースーの原因は発泡剤

子供が歯磨きを嫌がる理由になるのが、発泡剤や殺菌剤でした。子供たちの経験からすぐに推測できました。 子供には不必要と考えている成分です。大人でも発泡剤の影響で磨いただけの気分になり虫歯や口臭の原因というのはよく聞く話だし、歯医者の先生もとくに歯磨き粉なくてもいいっていいますし。 発泡剤のそのものの効果は口全体に歯磨き粉を行きわたらせるための成分で、ラウリル硫酸ナトリウムが基本的に配合していることで、子供へ利用するのを敬遠する親御さんが多いですよね。
チェックアップジェルバナナには、ラウリル硫酸ナトリウムは入っていませんが、発泡剤は使われていました。(えっ)
無発泡って書いてあるけどスースーする時点で間違ってるよね?

発泡剤が入っている安全とも言い切れませんよ・・・

なぜならば発泡剤は危険だと認知されているものばかりはいっていますからね、、、 それにチェックアップジェルバナナは無発泡のはずでしたが、低発泡になっています。この時点できちんと確認せずに使ったのが悪いと超反省。 これで子供がフッ素を嫌がる理由もはっきりしました。 [jin-sen color=”#f7f7f7″ size=”3px”] いかがですか? チェックアップジェルは支持されているようで、実は発泡剤入りでうがいも必要な歯磨き粉。 スースーするっていうのもよくわかるよ・・・。それにチェックアップジェルの成分にPGってあるんですが、これってなんでしょう?

PG(プロピレングリコール)ってなに?

低用量なら毒性はないという有機化合物。 だけれど調べてみると、発ガン性の促進作用があると書かれていました。
http://www.n-dc.com/detox.html
[chat face=”bripedia-icon0004.png” name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]えぇぇ、、、[/chat] 市販の歯磨き粉は利益重視というのは知っていたけれどこれまた酷い有さま。 大手の〇イ〇ン様です。メーカーホームページを見ても具体的なことほとんど書いてなんだよね。やましいことでもあるのかと勘ぐってしまう。

乳歯のケアにフッ素は必要か?

乳歯ケアにフッ化ナトリウムは必要だと考えています。上でも書きましたが、歯質強化ができるから。 子供の乳歯、永久歯はしっかり強化してあげることが虫歯になりにくくすることにつながると考えています。 フッ素が虫歯を防ぐというよりも、歯質を強くして酸に負けない歯を作ると理解してますが。

フッ素を嫌がる子供どうしたらいい?

フッ素を嫌がるから虫歯になるわけじゃありません。磨き方や生活習慣をより重要視すればいいだけなのではと考えるようになりました。 私が産まれる前後の年代は、フッ素塗布も歯科医師が主導で「塗ってあげてるんだから、騒がせないでお母さんも抑えて!」という歯科医師もいたようですが。。。 フッ素嫌がる子供に無理塗布したり、歯磨き粉を強要することはないと思っています。 成長に応じて適用力も増すわけですから。無理に押さえつけて塗る方が精神衛生上よくありませんし。今後少しずつ慣れさせるため、段階を踏んでフッ素入り歯磨き粉も選ぶべきです。 歯磨き嫌いになるよりも楽しいって覚えてほしいです。 市販歯磨き粉はたくさんありますが、成分はきちんとみて買うのが子供のためだと身にしみて感じました。

歯磨き粉が大切なわけじゃない

歯磨き粉のあるなしが虫歯予防にいい悪いではないと思いました。 発泡剤だらけの歯磨き粉でいつも口が汚い、磨いた気分になっているよりも丁寧に磨ける状態を作り、磨き残しを減らすことを考えた方が効果的な気がします。 もちろん受診も受けて、チェックの必要はありますが。

取捨選択して選ぶのは親の努め

フッ素は親御さんの考えもあるのでしょうけれど、大人が考えているよりも、子供は敏感なもの。 生活必需品も取捨選択して子供に使わせるのが親の役目ですね。 うがいができない時は、子供の成長に応じた健康面を考えた安全な歯磨き粉をチョイスしました。
  • うがいができないなら→飲み込んでも安全
  • うがいができるようになったら→歯質強化に専念
  おかげで歯磨きの抵抗も減り、歯医者でもスムーズな応対も可能になりました。 我が家ではブリアンという飲み込んでも安全歯磨き粉を使っています。 同じく子供がフッ素を嫌がる方はお試ししてみください。 うがいができない子供に発泡剤入りを使うのは個人的な意見として虐待に感じます。体にも悪そうですし。

まとめ

子供がフッ素の嫌がる理由をまとめました。 あくまで我が家の場合なので、すべての子供ということはないと思いますが、今お使いのフッ素入り歯磨き粉も見直してもらえれば解決策になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください