赤ちゃんから子供まで!年齢別にオススメ歯磨き粉をフッ素濃度を調べて比較!

子供歯磨き粉おすすめ

子供の純粋な身体には良いものを使いたいと親だったら考えますよね。だけどどれがいいのかなんてわからない!っていうのが本音。

今回赤ちゃんから子供まで子供用歯磨き粉をまとめました。個人的なおすすめ度をランキングで紹介します。

  • フッ素濃度
  • うがいの要・不要

まなごん
上記の3点が赤ちゃん・子供の歯磨き粉選びの大きなウェイトを占めていると感じています。

 

安全性の面や飲んでも大丈夫など、気になるポイントを調べてまとめています。

子供には子供に適した歯磨き粉選んであげるのが親の正しい選択ではないでしょうか。フッ素やキシリトールは子供の歯にも良いのですが、乳酸菌配合もありますよね。フッ素もいいのですが、うがいができないうちは避けたい親御さんもいるかもしれません。

わが子の子供歯磨き粉選びに調べた使ったものです。ぜひ皆さんのお役になればうれしいです。

 

おすすめボタン

子供歯磨き粉はいつから?

ネットで「子供歯磨き粉 いつから」と検索すると、赤ちゃんの下の歯が2本生えたらデビューとかいています。生え始めたらすぐに使わなければならない!と義務感を感じるパパ、ママは多いと思いますが、必ず子供歯磨き粉が必要なわけではありません。

むしろ大切なのは、歯磨きを丁寧に磨けること。

なぜならば私が調べた限り、赤ちゃんや子供が使える歯磨き粉に直接作用する成分は入っていません。どちらかといえば、甘さや味といった味覚に着目したり、口内の環境を整えることが重視されていました。

まなごん
赤ちゃんや子供が歯磨き粉を嫌がることもあるんですよ。

はじめは歯磨き粉なしでいいですよ。

しかし赤ちゃんや子供は「歯磨きが好き」というケースは稀。そんなときに是非選択肢の一つとして子供歯磨き粉を使ってみてはいかがでしょうか。

では赤ちゃんや子供の歯磨き粉はどのように選べばいいのかまとめました。

子供用歯磨き粉の選び方とは?

子供用、大人用どちらの歯磨き粉もうがいをすることが前提で作られています。すなわち赤ちゃんや子供の歯磨き粉には「うがい不要」なものを選ぶこと。この一点に尽きます。

歯磨き粉には特定の症状を完治させたり、症状を緩和させるために有効な成分を配合したものも多くあります。赤ちゃんや子供には年齢と成長に適した効果があるものを選びたいものです。

 

基本的な歯磨き粉に配合されている成分は下記の通り。

  • 歯質強化(フッ素)や原因となる細菌を殺す殺菌剤が薬用成分
  • 歯の汚れ落としに清掃剤(研磨剤)
  • 歯磨き粉を拡散させる発泡剤
  • サッカリンなどで甘味を引き出す香味剤
  • 清涼感をだす清涼剤

 

上記が代表的な成分で歯磨き粉です。

 

まなごん
子供に香味剤に含まれる甘味料は使いたくないかな。発泡剤は磨いた気にはなるけれど意外と磨けていないんだよね

 

親御さんのお考えもあると思いますが、甘味料のサッカリンや発泡剤に含まれるラウリル硫酸ナトリウムにあまりいいイメージってありません。

市販歯磨き粉は洗剤と同じ?!

市販の歯磨き粉や歯磨きジェルに含まれる合成界面活性剤という成分。 洗浄や発泡剤として配合されていて、洗剤と同じ合成界面活性剤なんですって! 湿度高めの洗面所に1カ月以上も置いても悪くならないのだから、防腐剤的なものは入ってますよね(涙)

味音痴や成長に弊害も

口の粘膜は皮膚よりも13倍以上の吸収力があり体の中に入り溜まっていくそうです。

 

味音痴になる可能性も舌には味を感じる細胞(=味蕾「みらい」細胞)があります。 歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤が味蕾(みらい)細胞を傷つけてしまうこともあり、子供は味覚に敏感なので、大人になるまでに「味音痴」にも。

 

まなごん
味蕾(みらい)細胞が傷つき機能低下するのは怖い(涙)

 

大人は気にならない毒素を、子供は排出しにくいと言われていますよね。まだ成長段階なので仕方がありませんが、子供の成長への悪影響は図り知れません、、、

 

参考 歯磨き粉には洗剤が入っている

赤ちゃん、子供歯磨き粉の量はどのくらい?

赤ちゃんや子供の歯磨き粉量はどのくらいが妥当でしょうか。ネットで見ていると子供用の歯ブラシに端から端まで盛っている画像ができて正直寒気がしちゃいました。多くつければいいという問題じゃありません。

 

歯が生えてから2歳まで:爪程度
※フッ素濃度500ppm

3歳~5歳:5㎜
※フッ素濃度500ppm

6歳~14歳:1㎝程度
※フッ素濃度1000ppm

15歳以上:2㎝程度
※フッ素濃度

参考:フッ化物配合歯磨き剤

 

まなごん
いかがでしたか?多いと感じましたか?爪程度は歯ブラシの先にちょんとだけ。

 

赤ちゃん、乳幼児、子供におすすめの歯磨き粉とは?

子供におすすめな歯磨き粉は飲み込んでもカラダに影響がでないものを選んでいます。子供用歯磨き粉にも一般的に配合されている、発泡剤、研磨剤、殺菌剤、防腐剤、界面活性剤は赤ちゃんや乳幼児、子供にはメリットがなく必要ありません。

赤ちゃんから子供用として販売されている歯磨き粉を一覧にまとめました。フッ素濃度や、ウガイの有無、年齢、味など参考にしてみてください。

 

メーカー名商品名フッ素うがい年齢
ゾンネボードレノビーゴ100ppmなし歯が生えたら天草
ライオンチェックアップジェル500ppmなし歯が生えたらバナナ
ライオンチェックアップペースト950ppm必要6歳以上ストロベリー、アップル、グレープ
ライオンチェックアップスタンダード1450ppm必要15歳以上ピュアミント
ライオンクリニカKid’sジェル500ppm必要歯が生えたらグレープ、いちご
ライオンクリニカKid’s歯磨き900ppmなし6歳以上いちご、グレープ、ピーチ
ライオンアンパンマンこどもハミガキ500ppmなし歯が生えたらいちご、メロン
ピジョンジェル状歯磨き100ppmなし歯が生えたら
ピジョンプチキッズ500ppmなし歯が生えたらいちご、ぶどう
花王クリアクリーンキッズ1000以下必要6歳以上メロン、グレープ、イチゴ
ジーシーこども用はみがき900ppm必要6歳以上オレンジ、ストロベリー、アップル
パックスナチュロンこどもジェルはみがきなしなし歯が生えたら
ヴェレダ歯みがき子供用なしなし歯が生えたら
コンビテテオ歯みがきジェル500ppmなし歯が生えたらグレープ
ウィステリア製薬ブリアンブリスなし歯が生えたらいちご
はぐくみプラスはっぴーすラクトフェリン、乳酸菌KT-11なし歯が生えたらフルーツミックス
アラウはみがきジェルキシリトールなし歯が生えたらみかん
シャボン玉石鹸せっけんハミガキなしなしミント

 

 

飲み込んだからすぐに具合を悪くするという事はありませんが、個人差があることなので気を付けています。また子供用歯磨き粉に研磨剤は配合されている製品は少ないですが、子供の永久歯や乳歯は柔らかく傷つきやすいので研磨剤入りを選択する必要もありません。

 

まなごん
歯磨きで大切にしたいのは、歯みがきを習慣することが一番大事です。

それでは子供のお口のケアに積極的に取り入れたいオススメの歯磨き粉を紹介します。

赤ちゃん、乳幼児のうがい不要の子供歯磨き粉

うがい不要の子供歯磨き粉

  • ブリアン

    子供歯磨き粉おすすめブリアン

    歯科医が開発したこの歯磨き粉は、「BLIS菌」の効果で根本的に虫歯が出来ない歯にしてくれます。粉状でちょっと不便?」と考えてはいけません。「BLIS菌」を死滅させずに歯磨き粉に開発するのにジェル状に出来なかったという理由です。つまり生きた菌がおすすめするワケ。この菌が虫歯菌のエサとなり歯垢を出来にくくし、虫歯は作られず虫歯菌が減るのです。 菌はいわば善玉菌でとっても小さな粒子なので歯の間や奥に入り込み虫歯を作らせません。つまり洗い流しなしの歯磨き粉で子供におすすめです。

    評価
    フッ素なし
    うがい不要

    いちご味で成分はすべて食品素材。誤飲の心配も無用。子供のうちから習慣にしましょう。 返金保証付きで子供に合うか試せるのは心強い味方♪ コスパがあまりよくないですが、子供が嫌がることが最小限ですむはず。

    まなごん
    我が家の息子が赤ちゃんから嫌がらず続けて使っている歯磨き粉おすすめ1位です!歯磨き粉も大人しくしてくれて虫歯ゼロキープ中
  • はっぴーす

    はっぴーす300

    はっぴーすは歯科医師・保育士にアドバイスがもらえる育児に悩みも解決できる歯磨きジェルです。ジェル状なのでジェルタイプが嫌がらないのが前提ですが。乳酸菌KT11とラクトフェリンで命の元。さらに柿タンニンで口臭ケアに期待も!

    評価
    フッ素なし
    うがい不要

    ミックスフルーツ味で成分はすべて食品素材。はっぴーすはブリアンよりもコスパも優れていて返金保証も。定期の受取回数にお約束がありません。歯磨きアプリも合わせて利用できました。

  • アラウ歯磨きジェル

    アラウ歯磨きジェル

    アラウブランドの天然素材にこだわり、使用後の成分も自然に分解されるように作られている事を製品作りのモットーの会社が販売しているアラウ歯磨きジェル。 何でも吸収してしまう子供にアレルゲンを寄せつけない製品を製造しています。 その一端が歯磨き粉のアラウベビーの歯磨き粉ジェルです。

    評価
    フッ素なし
    うがい不要

    天然成分にこだわっており香りづけのみかんも100%天然の成分を使用するおすすめの歯磨き粉です。 発泡剤やその他の化学物質は極力抑えられており、最初の2本の歯が生えたらすぐに使用できるので虫歯を心配するママにおすすめです。 コスパで選ぶならダントツ人気!

    まなごん
    いちご味では磨いてくれない子供も喜んで磨いてくれます。ただジェルがゆるく口も大きいので出すぎるのが難点です。
    成分

    水、ソルビトール、グリセリン、PG、キシリトール、乳酸Na、クエンNa、カンテン、キタンタンガム、チャ葉エキス、ラウリルポリグリセリルー2、ステアリン酸ポリグリセリル、乳酸、香料(ミカン) 参考:saraya

フッ素配合の子供歯磨き粉(うがい不要)

フッ素配合でうがい不要子供歯磨き粉

  • コンクール

    子供歯磨き粉 レノビーゴ

    レノビーゴは25年の歴史を誇るスプレータイプの低濃度フッ素スプレーで医薬部外品。生薬の甘草のほんのり甘いのも特長、研磨剤や発泡剤も未使用。 低濃度(100ppm)のため口のゆすぎも必要ありません。

    評価
    フッ素100ppm
    うがい不要

    目安:歯が生えそろっていて7~8プッシュ。 またアレルギーを引き起こす特定材料も含まれていません。 フッ化物を利用した歯のケアを始めるなら、レノビーゴから始めるのをオススメします。

     

    まなごん
    フッ素入り歯磨き粉は、大人がしっかり管理して使わなければなりませんが、レノビーゴはスプレー式でなおかつ100ppmと低濃度。フッ化物は多ければいいという問題でもないので使いやすさも抜群です。永久歯に生え変わる頃には低濃度すぎるかも。

     

    成分 

    薬用成分:フッ化ナトリウム、グリチルリチン酸ジカリウム 安息香酸ナトリウム、クエン酸水和物、香料 参考:レノビーゴ(ゾンネボード製薬)

  • ピジョンジェル状歯磨き

    ジェル状プチキッズ

    ピジョンは哺乳瓶で知られている老舗のメーカーです。 子供のためのラインでは独特の形状の歯ブラシで歯磨きに慣れさせることもできますし、子供用の歯磨き粉は食品を製造する過程で使う材料で作られている「ジェル状はみがき」がおすすめです。

    評価
    フッ素100ppm
    うがい不要

    フッ素も食品に使用されている安全なもので、キシリトールも配合にもこだわりがあり、甘味料中の97%を占めています。子供の歯磨きにおすすめです。

    • オレンジ
    • グレープ
    • ストロベリー
    成分

    有効成分:フッ化ナトリウム キシリトール、プロピレングリコール、グリセリン脂肪酸エステル、モノラウリン酸ポリグリセリル、カルゴキシメチルセルロースナトリウム、無水ケイ酸、クエン酸ナトリウム、香料 参考:pigeon

  • コンビテテオ

    コンビテテオ

    子供の一番初めの歯磨き粉は、味の濃くないものでしてあげたいですよね。 子供の事を考えた商品作りで有名なメーカーの「コンビ」が作ったコンビテテオです。

    評価
    フッ素500ppm
    うがい不要

    うがいが出来なくても大丈夫で、磨いたままで完了できるのでおすすめです。 虫歯菌の付着を防いでくれるフッ素もキシリトールも配合されています。 キシリトールは虫歯菌を弱くしてくれる物質ですので、虫歯菌を減らしてくれます。

    まなごん
    泡が立たず磨きやすく少量で満足してもらえます。味も子供に合わせて選べるのが嬉しいですね。

     

     

    フッ化ナトリウム・溶剤及び湿潤材:PG・湿潤材:濃グリセリン、ソルビット液・粘度調整剤:カルボキシメチルセルロースナトリウム、キサンタンガム・甘味材:キシリトール、サッカリンナトリウム・可溶化剤:POE硬化ハマシ油・防腐剤:安息香酸ナトリウム、バラベン、・着香剤:香料・溶剤・水

フッ素配合の子供歯磨き粉(うがい必要)6歳以上

6歳以上のうがいができる子供向け歯磨き粉

  • チェックアップジェル

    チェックアップジェル

    ライオンが製造販売している商品で子供用の歯磨き粉がチェックアップジェル。ライオンの特長はフッ素が長く口に残る工夫をしてる点です。フッ素入りの方がむしろ歯を丈夫にしてくれますのでおすすめです。

    評価
    フッ素950ppm
    うがい必要

    チェックアップシリーズの6歳以上向けの歯磨き粉は味がピーチ、グレープ、レモンティーです。 歯科医院でも販売されていますが、価格がバラバラなのでネットで買うのがお得でした。

  • GCこども用はみがき

    GC歯磨き粉

    ジーシーという歯科医院向け専売商品を開発販売しているこども用はみがきです。効果的に磨けるようタイニーフォーレッスンと合わせて利用するとよい効果が得られます。軽く口をすすぐのがポイント。

    評価
    フッ素900ppm
    うがい必要

    6歳未満でも使えますが、年齢に応じた目安量があるのでうがいが必要な分類にいれました。フッ素配合の歯磨き粉1本で900ppmや950ppmなので健康に影響があることはほとんどありません。ですが気になるのが親ですよね^^;

  • チャックアップコドモ

    チェックアップ子供用

    チャックアップコドモはフッ素が口の中全体に行きわたりやすいペーストタイプで低研磨、低発泡になっています。

    評価
    フッ素950ppm
    うがい必要

    ジェルタイプからペーストタイプによりフッ素を効果的なケアに最適です。低研磨ですが研磨剤も入っているので着色汚れにも。強い力やたくさんつけて磨くのは逆効果。目安となる量を守り使うのが効果的な使い方です。

    • ストロベリー
    • アップル
    • グレープ

フッ素配合の子供歯磨き粉(15歳以上)

15歳以上向け歯磨き粉

  • チェックアップジェル

    チェックアップジェル

    ライオンが製造販売している商品で子供用の歯磨き粉がチェックアップジェル。ライオンの特長はフッ素が長く口に残る工夫をしてる点です。フッ素入りの方がむしろ歯を丈夫にしてくれますのでおすすめです。

    評価
    フッ素950ppm
    うがい必要

    チェックアップシリーズの6歳以上向けの歯磨き粉は味がピーチ、グレープ、レモンティーです。 歯科医院でも販売されていますが、価格がバラバラなのでネットで買うのがお得でした。

  • チェックアップジェルミント

    チェックアップジェルミント

    チェックアップジェルミントはライオンのチェックアップジェルシリーズで日本最高濃度のフッ素と、塩化セチルピリジニウムを配合し口腔内を殺菌します。すなわち虫歯予防と歯周病ケアにもオススメです!

    評価
    フッ素1450ppm
    うがい必要

    湿潤剤…ソルビット液、プロピレングリコール/香味剤…香料(ミントタイプ)、キシリトール/粘度調整剤…ポリアクリル酸Na/粘結剤…キサンタンガム、カラギーナン/薬用成分…フッ素ナトリウム(フッ素として1450ppm)、塩化セチルピリジニウム(CPC)/ph調整剤…クエン酸Na、クエン酸/発泡剤…ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液/コーティング剤…ヒドロキシエチルセルロースジメチルアリルアンモニウムクロリド 引用:Amazon

まなごん
赤ちゃんや子供に歯磨き粉は基本的には不要です。なぜならば年齢と成長に合わせて歯磨き粉はステップアップを心がけていますよ。

お子様が歯磨きを嫌いにならないことを第一に、

  • 好きな味
  • 違和感がないもの

を優先して選んでよいい結果に結びついています!

子供の歯磨き粉に一番オススメしたいのはブリアン

まなごん
同じ悩みを抱えているママ使ってみてほしいのがブリアンです。

子供が飲み込んでも安心で、いろいろ子供用歯磨き粉を使って中でもバッチリ楽しんでくれたのがブリアンでした。

こんなに違うならもっと早く使っておけばよかったと感じるほど。 歯みがきが楽しめるなんて思ってもみなかった!と新しい窓が開けました。 子供の歯磨きの悩みや不安を抱えているシッカリ守ろうとしているあなただから試してほしいです。

【初回65%off】子供用歯磨き粉ブリアン公式HP

※初回限定60日返金保証付き

※子供の歯磨きにお悩みの方向け

ジェルタイプを嫌がらないなら「はっぴーす」

ジェルタイプを嫌がらないのなら!はっぴーすをおすすめします。はっぴーすは歯科医師、保育士のサポートを受けられながら、味もミックスフルーツ味。もちろん口のすすぎも不要!

はっぴーすはブリアンよりもコスパも優れていて返金保証も。歯磨きアプリも合わせて利用できます。

【初回60%off】子供の歯を守る「はっぴーす」ー公式HP

※初回購入に限り返金保証付き

※継続購入期間の縛りなし

※初回60%off

 

 

さいごに

子供のための歯磨き粉にフッ素は虫歯予防の救世主。しかし、1歳から3歳までに気を付けたいのがフッ素の摂取量です。この年齢に一定以上のフッ素を吸収すると「フッ素症」を発病する事もあるそう。 その際には審美的に問題がある場合が存在しますので親の立場としては気にかけていきたい点です。

今回のオススメの赤ちゃんや子供向けの歯磨き粉には問題がありませんでしたが、厚労省のフッ素量の推奨ラインは2歳までが500ppm(ただし発泡するタイプは薄まるので1000ppm)となっています。

参考:フッ化物配合歯磨き粉の利用

気になる親御さんは良く調べてから購入する事をオススメします。オーラルケアに関心が高くなっており、乳酸菌を用いて改善を試みる歯磨き粉も多数販売されています。まず第一に考えるのは子供の健康。 歯磨き嫌いにせずに、習慣化できる製品をチョイスし選ぶのも親の努めかもしれませんね。 子供の個人差によって

  • 美味しいと感じたり
  • 美味しくないと感たり

個人差があることなので、子供に合う歯磨き粉を選び活用して虫歯予防をしましょう! 返金保証がついている製品は利用しやすいポイントとなります。

 

子供の歯磨きQ&A

 

乳歯は抜けてしまうのに、きちんと歯磨きをする必要はある?

乳歯でもきちんとした歯磨きをする必要があります。 虫歯になっているということは、虫歯菌が口の中に多くいるということです。乳歯と永久歯は同時並行で生えている期間がかなり長く続きます。乳歯であれなんであれ、歯というのは生え始めの時期が一番虫歯になりやすいものです。

永久歯を虫歯にするわけにはいきません。 しかし生えたときに虫歯となっている乳歯が周囲にたくさんあれば、その大事な歯も虫歯になりやすくなります。乳歯の虫歯をゼロにしておいて、あとの歯が生えてくる環境を整えておかなくてはなりません。

 

子供の歯磨き粉は安全?

市販されているものは安全性が保障されてはいるとはいえ、合成洗剤ですのであまりにもたくさんつけすぎないようにしましょう。 歯磨きを終えたらしっかりと水ですすぐようにしましょう。 もし、市販のものはいろんな成分が入っているので小さい子に使わせるのはすこし心配、というのであれば、合成界面活性剤や合成添加物等を一切使用していない昔ながらの石鹸成分を原料とした歯磨きを粉を使用しましょう。

また、天然香料を使用しているタイプですと甘みがないのでさわやかな使用感のタイプもあります。 さらにもし間違って歯磨き粉を飲んでしまっても害がないタイプですとより安全に使えます。

 

子ども用歯磨き粉は大人用と何が違う?

それぞれ綺麗に磨くために必要となる量も異なり、当然含有量が多くなる大人用のもので子供が磨いてしまうと、歯にとってあまり良くないことになります。

 

赤ちゃんの歯の歯垢が磨いてもとれない…どうしたらいい?

歯科医を受診した場合には、症状をみて、必要があれば歯石除去処置をし、そこまででもないと判断されればフッ素を塗ったり、専用の器具でブラッシングをしてくれることもあります。 歯石除去は病気でなければ保険適用はされませんが、口内を綺麗な状態にしっかりと戻してもらえ、適切なブラッシングの方法もレクチャーしてもらえるという利点があります。

口内を綺麗にしたら、次は予防にも力をいれてあげることが大切です

Q.1歳半の子供に茶渋のような着色が…歯磨きで取れる?

お子様が小さくて難しい場合は別として、定期的な検診と一緒にクリーニングを受けることも可能ですので、一度相談してみましょう。 しっかり磨いてあげているつもりでも、もしかしたらちゃんと磨けていないのではないかと不安になるお母さんも多いようです。

 

1歳半ですので、もし万が一虫歯になってしまっても治療は困難な場合が多く、乳歯の段階で虫歯になると永久歯にまで影響がでてしまう可能性があります。 虫歯になる原因として考えられるのが、ミュータンス菌と呼ばれるものか、歯垢をキレイに取り除けていないかのどちらかと言われています。 また、殺菌能力の高い歯磨き粉を使用し、良い菌までをも死滅させてしまっている為、口腔内の状態が悪化しやすいこともあります。

Q.子供の虫歯は何歳から始まる?

子供の歯が生え始めた頃は、赤ちゃんが口にするものは母乳やミルクがメインになっているので、すぐに虫歯になってしまうということはありません。 離乳食が始まると、最初のうちはおかゆの上澄みや果汁から始まりますが、母乳やミルクと比べると、歯には汚れがつきやすくなるといえます。

 

まだ前歯だから大丈夫と思っていても、すでに前歯が虫歯になる場合もあるので、注意が必要です。歯は生えている本数にかかわらず1本でも生えたら気を付けて歯をしっかりと磨く必要があるのです。

Q.母乳で虫歯は出来るの?

歯が生えてきてからこれらが住み着く可能性が出てきます。 好物は離乳食の残りカスに含まれる糖質ですので、寝かしつけ時や夜間の授乳によりその原因を増加させてしまうと言われています。 しかし実際には、母乳の成分である乳糖はそれらの増殖には関係せず、さらに含まれているラクトフェリンはそれらの増殖の抑制作用があることが分かっています。

 

ミルクにも糖質は含まれていますので、母乳だからといって虫歯になりやすいというわけではないのです。 離乳食後の歯磨きやガーゼ拭きにより、原因となる食べカスを極力取り除き、口腔内の環境を清潔に保つことが大切です。

Q.赤ちゃんの歯磨きはどんな方法があるの?

目安としては、赤ちゃんの口に中に2本ほど歯が生えてきたころからスタートします。 最初のうちは、授乳の後でお茶を飲むだけでも構いませんが、そろそろきちんと磨こうというタイミングになったら、専用の歯ブラシを探しましょう。 赤ちゃん用の歯ブラシは、毛先がギザギザしていないもの、柔らかく、痛みを感じないもの、サイズが小さい口にぴったり合うものを選びます。 上手に磨くコツは、赤ちゃんが嫌がらないように親が楽しい雰囲気づくりをすることです。 好きな音楽をかけたり、にこにこ笑いかけたり話しかけたりして、磨くことを焦らないようにしましょう。

 

機嫌が良さそうであれば、あごをやさしく固定して少しずつ磨いていきます。この時、あまり強く磨くと痛がって今後させてくれなくなりますので、固定はきちんとしたうえで軽くブラッシングするようにしましょう。 また、上手に磨けるようになったら、仰向けで遊びをさせながら磨くと嫌がらずにさせてくれます。すべての歯を磨き終えたら、うがいをさせることはできませんので清潔なガーゼなどでそっと歯をぬぐいます。 毎日同じ時間に磨くようにすることで、赤ちゃんにも生活のリズムができてきます。  

Q.赤ちゃんの虫歯ができやすくなる食べ物・飲み物って何?

糖分の高いお菓子やジュースは赤ちゃんにとって、虫歯になる可能性が十分にあります。 健康に良さそうな乳酸飲料も歯のエナメル質を溶かしてしまう「酸」が入っているので注意が必要です。 100%フルーツジュースにも、果物には糖分が含まれているので、気をつけなければいけません。 赤ちゃんに、最も飲ませる事が多い、牛乳や母乳、粉ミルクにも糖分が含まれているので、飲ませたあとには、お茶やお水を飲ませて洗い流すか、柔らかい清潔なガーゼで歯や歯肉を拭いてあげるのも効果的です。 アイスやプリンなど、口に入れてもすぐになくなってしまう物は、うがいや食後のお茶を飲ますなどの対処で口内の糖分を減らす作用がありますので、赤ちゃんが食欲がない時、薬と一緒に飲ませる時など、少量を食べさせるには、虫歯になる可能性は低めらしいです。

Q.子供の歯磨きは1日何回すればいい?

厳密に最低限の回数となると毎食うがいすることで夜の1回だけでもいいことになります。 ただし、歯磨きを習慣づけることと口内を酸性に保たないようにすることから3回から4回がベストな回数ということになります。

Q.子供の具合が悪くても歯磨きはするべき?

無理に歯磨きをさせる必要はありません。 嘔吐のせいで口の中をさっぱりさせたいからと歯磨きをしたいと子供からいうのであれば、 それだけの体力があるということですし、発熱で起きるのが無理そうならウエットティッシュやぬらしたガーゼなどで歯の汚れを軽くふき取るだけでもさっぱりするはずです。